腸炎

薄暗い所だと光不足でものが見づらくなりますが、より一層瞳孔が開くので、レンズのピントを合わせるのに余分なパワーが使われ、結果的に日の差す場所で物を眺めるより疲れやすくなるのです。
突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、通常は腹部の痛み・嘔吐・下痢を伴う程度ですが、細菌感染による腸炎の場合は強い腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢とともに高熱も出るのが違いです。
子どもの耳管の作りは、大人のそれに比べて太くて短い形で、尚且つ水平に近いため、菌が侵入しやすくなっているのです。幼い子供が急性中耳炎に罹患しやすいのは、このためだと言われています。
ちょっとした捻挫だろうと勝手に決めつけ、湿布をして包帯やテーピングで動かないように患部を固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を施してから急いで整形外科医に診察してもらうことが、結局は快癒への近道に繋がります。
虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が細くなり、血流が止まり、大事な酸素や栄養が心筋まで送られず、ほとんどの筋細胞が機能しなくなってしまう怖い病気です。
拡張期血圧90以上の高血圧が長引くと、体中の血管に大きなダメージがかかった結果、身体中至る所の色々な場所の血管に障害がもたらされて、合併症を誘発する公算が高くなるのです。
肥満の状態というのは勿論摂取する食物の栄養バランスや運動不足が主因ですが、量は変わらないごはんでも、短時間で終了する「早食い」をすることにより体重過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなると言われています。
1回歯の周囲を覆っている骨を溶かすまでに時間の経ってしまった歯周病は、悲しいかな炎症自体が沈静化したとしても、失ったエナメル質が元の量に復活することはないのです。
2005年2月1日より新たに特保(特定保健用食品)の外観には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の文言を表示すること義務となっている。
塩分や脂肪分の摂り過ぎをやめた上で手ごろな運動に努め、ストレスのかかり過ぎないような毎日を意識することが狭心症の元凶となる動脈硬化を防止するポイントなのです。
陰金田虫とは、医学上は股部白癬という病名で、白癬菌というカビが股間や陰嚢、臀部などに何らかの理由で感染、寄生してしまった感染症のことで俗に言う水虫です。
前立腺は働きや成長にアンドロゲンがとても密に関わり、前立腺に出現してしまったがんも同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの機能によって肥大化してしまうのです。
普通は水虫は足、こと足の裏に現れる病気だと捉えられていますが、白癬菌にかかる場所は足に限定されているわけではなく、体の様々な部位に感染してしまうという可能性があるので気を付けましょう。
高熱が特徴のインフルエンザに対応する予防法や治療方針も含めた必須とされる対策というものは、それが季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザでもほぼ変わりません。
体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に働く糖質、人の細胞の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこれらに代表される様々な活動を維持するために外すことができない栄養成分までもを欠乏させてしまっている。