ワクチン接種

常在細菌であるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、毒が強力な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と一方は毒力が微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けることができます。
毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、今日までの膨大な研究によって、ワクチンの予防効果が望めるのはワクチン接種した14日後から150日間くらいだろうと言われています。
黴菌やウィルスなどの病気を生み出す微生物が肺の中に進入して発病してしまい、片方もしくは両方の肺が炎症反応を起こした状況を「肺炎」と断定しています。
上が140以上、下が90以上の高血圧が長引くと、全身の血管に大きなダメージがかかった結果、全身至る所の色んな血管に障害が起こって、合併症を誘発するリスクが高まるのです。
ダイエットに勤しむあまりカロリー摂取を控える、食べる量が少ない、といった暮らしのスタイルが結果的に栄養をも不足させ、酷い冷え性を誘発していることは、多くの先生方が言われていることです。
植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の化学物質について、肝臓が持つ解毒酵素の正常な生産をサポートしているかもしれないという新たな真実が見えてきました。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンにかわり、平成24年9月1日から原則無料で接種できる定期接種になるので、小児科などの医療機関で個々に受けるスケジュール管理の必要な個別接種という扱いになっています。
現在のオペ室には、レストルームや専用の器械室、準備室を作り、オペ中に撮影できるX線装置を準備するか、近距離にX線装置用の専門室を備えるのが通例である。
筋緊張性頭痛とは肩凝りや首凝り、張りから生じる最も多いタイプの慢性頭痛で、「締め付けられる激しい頭痛」「頭が重いような耐え難い頭痛と言われます。
悪性の腫瘍である卵巣がんは、普通、人をがんにさせない作用をする物質を作り出すための鋳型のような遺伝子の異常で起こってしまうというのは周知の事実です。
最も大きな内臓である肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、動脈硬化や狭心症などの多様な生活習慣病の合併症を起こす可能性が高いと考えられています。
ミュージックライブのおこなわれる会場やクラブなどに据えられている大きなスピーカーの真正面で爆音を浴びて耳が遠くなることを「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と呼んでいるのです。
多くの人に水虫といえば足を思いつき、中でも足の裏に現れる病気だと勘違いされやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足だけということはなく、人の体ならどの部分にもかかるという危険性があります。
強い痛みを伴うヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間に存在して緩衝材的な役目をする椎間板という名のやわらかい線維軟骨が突出した症状を称しているのです。
栄養バランスのいい食事を1日3回とることやスポーツは勿論、体の健康や美のために、補助として様々なサプリを飲む事がまったくおかしくなくなっているということです。