周知キャンペーン

個人的な寄付をしたといっても納得されないレベルですから、浅尾みんなの党代表は氷水を被るしか道はなかったようにも見えます。

ですが、人 物の指定については許されない。
同じ政治家でかつ内閣総理大臣である時点で何をしてもバッシングするつもりなのが見え見えですわ。 なんか、本当にこの氷水は話題になりましたが、何度も他の報道を見ても目的が解らない。ALSについての周知キャンペーンもあるそうですが、確かにかなりの周知はされましたが、感心事になっているのは氷水でしょう。もう無意味ではなかろうか。当初の目的から逸脱している。 
一番の理想は、この最早不鮮明だと解った証言での談話ではなく、学生キャッシングちゃんとしっかりした情報ものでしっかりした談話がなされる事でしょう。河野談話の目的 は、慰安婦への「反省とおわびの心」であって、双方から利用されるべきものではありません。
本来なら正しいという情報をもって、それに基づいて被害者へ謝 罪と反省をしなければならないのに、嘘っぱちあるいは不鮮明な情報でそんな謝罪をしてしまっては、反省もおわびの心も嘘っぱちになってしまいます。