イスラエルのガザ攻撃は

捻れまくっている日本の国会に話をうつします。

世界経済がガタガタな時に 給付金を巡る挙げ足取りは兎も角、麻生首相版漢字検定とか非常にセコい議論をやっている…。

マスコミが報道しないだけかも知れませんが、オバマ政権誕生をはじめとする外交政策に関する議論がない…。
外交の議論がない国会も どうかと思いますが、マスコミも次回の選挙は「給付金」がテーマだ!みたいな報道は止めて オバマ政権誕生、近隣諸国との領土問題 といった外交も選挙のテーマとして扱って欲しいです。

「郵政民営化」、「年金」に続いて「給付金」じゃあ 投票する身としては うんざりです。

本当に変革すべきなのは、セコい選挙をやり続ける国会、マスコミ国民なのかなぁと思います。

アメリカの変革をバラエティーみたいに見てるのではなく、日本人全体が変革を。

特にマスコミと この日記を書いた人が…。
マスコミの騒ぎっぷりは

小泉政権誕生時に酷似してますね

青山繁晴氏は、イスラエルのガザ攻撃は

イラン攻撃(イラク上空を通過しないといけない)をしたいがための、

オバマへのプレッシャーと分析してるようですので、

アフガン侵攻等

オバマはなくなく動き始めるかもしれません。