真摯に取り組むべき

駐留米軍のあり方については、自衛隊がどこまで行動出来るかの法律議論や、米軍撤退後の自衛隊配備などと併せて今後、

真剣に議論していくべきテー マであることは否定しませんが、そうした議論無しに、今回の一件を以って米軍排斥運動を声高に主張するのは、余りにも短絡的です。
私が普通の一米兵ならば、「そこまで言うならば日本人よ、日本の国土や日本国民の生命・財産を、日本自身できっちり守る覚悟があるのだろうな」と問い返したくなるでしょう。
米軍は、言うまでも無く更なる再発防止に真摯に取り組むべきですし、被害者のみならず沖縄県民全体に対してもきちんとしたお詫びと説明を行う義務がありますが、不倫調査 福島それには全く目を向けず、米軍反対運動を行うのでは単なる反対のための反対になってしまいます。
ぜひとも冷静な議論に立ち戻ることを強く望みます。 米国側も今は非常に微妙な時期ですから、気を遣っているのだと思います。勿論、沖縄県民とこれいじょう 関係悪化したくないですし、大統領選もありますから、外交で問題を表面化させたくないでしょうし。