全ての大学生に

「自分の大学では英語力をしっかりと図る自信が無いからTOEFLEを採用します!」

「自分の大学の教育ではTOEFLEで良い点数取れる学生を育てられないから反対します!」って恥ずかしいですよね。

英語は不自由なく話せますし、中国語もそこそこ、で2度の駐在を含む国際業務関連を6年以上経験して、国際学の学位持ってるんで発言しても良いですかね?

まず、おいらは英語に限らず何らかの外国語の試験を突破することを大学卒業要件にすることは大賛成です。特に理系の学生さんには、世界トップレベルの研究成果の発表はほとんどが英語であることから、英語の能力っていうのはもっとカーシェアリングとは重視すべきだと思います。大学卒業要件のみならず、入社試験や大学院の入学試験なんかでもしっかりと測るべきと思います。全ての大学生に一定以上を求める必要はないですが、むしろ求めないのを例外にして、求めるのを原則にして良いと思います。

あと、上記のように研究開発職はほとんど英語でしょうけど、その他は英語に限る必要はないですよね。むしろ英語人材はけっこういると思うので、その他の国の言葉をちゃんと通訳できる人の方が需要が多いと思います。かなりのマイナーな言語までカバーしてほしいと思います。