国内隠棲組み

「座して死を待つよりも海外に活路を見出す」ということか。
さはさりながら 母国を捨て 海外という「他人の土俵」で生き残ることは 

誰にでも出来ることではない。かつて ブラジルで多くの屍がでたように ものすごく交通事故治療 埼玉過酷な人生が待ち受けているが それでも 社会党系極左内閣の誕生した日本よりは 将来性は高いということだろう。 今までに十分な蓄えがあり たとえ 収入がなくなくなっても 円の価値がなくなっても 円が暴騰しても 地震があっても 人生のあと 2-30年 は どう計算しても お金には困らない。ゆえに 人生を「悠々自適」を旨とし 海外旅行 国内旅行 趣味 読書に費やす。英語が出来ない。家族を捨てれな い。そういう人たちには これしかない。
どちらを選択するか? これは「人生観」でありましょう。 海外に住んでますが、これがそんなに甘くないんですよね。普通はかなり最初苦労すると思います。多分普通の日本人は八割位海外生活には馴染めないと愚考します。 なので国がどんなに衰退しようと95パーセント位の人は国内に残るだろうと、、、。僕も海外組です