もらう一方

御連枝についても、役割分担が決められていて、越前松平家(松平春嶽)桑名松平、伊予松平は討幕側、会津松平家(松平容保)は獏軍として最後まで戦っていますよね。 

ちなみに、こういう家名の残し方は、信州真田家が関ヶ原の時、兄信幸は東軍、弟幸村は西軍にしたり、毛利家も小早川家は豊臣から養子(かの小早 川秀秋)をもらう一方で、吉川家は吉川広家が徳川に内通したりしている。
そして毛利は本来お取りつぶしで、吉川広家には内通して毛利輝元を大阪上に留め戦 場につかせなかった功績により36万石課増のところ、毛利家本体の領土になったという形跡が。さらに毛利は凝りないことに大坂の陣の時には(当時すでに小 早川家は取りつぶし)、毛利輝元は従兄の元盛を大坂方として参戦して軍資金の提供までしてる。 
あと、幕末の面白い見方としては島津・毛利は関ヶ原の負組みなのに対して、土佐の山内は関ヶ原の勝組なんですよね。でもその中の家臣の関ヶ原の 負組、長宗我部の家臣の坂本が薩長の担い手になる。(さらに俗説では坂本家は明智光秀の子孫という説も。紋が桔梗だし、明智家の居城は坂本城だし。)