ボブ・サップ焼き

以前、日清から、ボブ・サップ焼きそばがこういうものだったことを思い出した。

かやく袋は通常の倍、ソースは二通りの味の物が入っていた。

作り方は簡単である。
湯を注いで、3分後、湯を切り、それぞれの麺にソースをかければ出来上がり。

しかし、れんぞうはこの作り方に意義がある。
焼きそばだから、焼かなければ意味がないということだ。

下らない事に拘っているわけだ。

ということで、フライパンに湯を沸かし、二枚の麺を入れ、ほぐれたら、ソースで味付けをするのだが、ふたつに分けて味付けをしたい。

それは、あまり考える必要はなかった。

ついでにトッピング用の目玉焼きも作った。

かくして思ったより大盛りの二色焼きそばが出来上がった。

以前のボブ・サップ焼きそばは大盛り麺が二枚だったので、もっと大盛りだった。

左半分が激辛ソースなので、色が濃い。
腹いっぱいになった。

だから何なんだ? それがどうした!
と、苦情がきそうな日記だ。
計画的に買うなら普通の焼きそばになると思うけど、今回はコンビニでつい買ってしまったということで、ご勘弁を。