多彩な機能別

ピンズラー英会話というものはポール・ピンズラー博士が作り出した学習メソッドであり、小さい子どもが言葉を理解するやり方を利用した耳と口を直結させて英語を会得する新方式のレッスンなのです。

多彩な機能別、諸状況によるモチーフに沿った対談による英語での会話力を、英語ニュース番組や音楽、イソップ寓話など種々のアイテムを使用して英語を聴くことのできる能力を体得していきます。

米国人と対話するチャンスは多くても、フィリピン、インド、メキシコ等の人々の話す英語などいかにも発音がかなり異なる英語を理解できるということもとても貴重な会話する能力の一部分です。

ながら動作で英語をスルーするという事もとても大事なことですが、せいぜい1日20分程度でも綿密に聞き取るようにして、スピーキング学習や英文法を勉強することは、何よりも存分に聞き取る練習自体をやってから行うものです。

英語自体に英語独特の音同士の関係があることを熟知していますか?この事例を着実に理解していないと、どれほど英語を聞いたとしても全て聞き分けることが困難なのです。