実効あるもの

大人の言うこと(船内放送)を聞いて船の中に留まった生徒たちが大勢犠牲になったことは、真にもって不幸な出来事であったことに変わりはないけれど・・・

じゃあ、何かあった時の避難誘導の訓練や、これを実効あるものにするための制度と、決められたことは万難を排して守る社会の風土とか、闇金に強い弁護士どうしてそういう方向に思考回路が回らんのかね。
そんなこと言ってるから、乗務員の制止を振り切って勝手に線路に降りるヤツばかり出て来るんだよ。 いざというとき、的確な判断と指示に従って、冷静に統率のとれた行動を取ることが、結果的に被害を最小限に留めるということを、まるで分ってない連中だと言わざるを得ん。
まあ、自分が危機的状況に置かれたり、窮地に陥ったりしたとき、自分以外の他人のことなど考えず、自分が一番で他人などどうなろうと知ったことではない、というのも韓国の悪しき文化の一面だから、こんなこと言っても無駄か・・・ また繰り返しになるけど・・・