何故なら、

請求権協定、破棄しましょうか? 韓国側の報道を紹介しておきます。 「慰安婦問題めぐる韓日局長級協議 16日にソウルで」(聯合ニュース)

「韓国側の要求通り慰安婦問題に議題が絞られた。同問題をめぐる韓日間の見解の隔たりは大きく、新たな解決策を見いだすことができるか注目される。」 →無理です。 何故なら、あなた方が、「日本がウリナラの前にひざまずけば・・・」という立場でいる以上、絶対に有り得ません。
「「日本が歴史を見る目を持てば、韓日関係の改善は可能」」(朝鮮日報) 「日本政府はこれまで慰安婦問題について、1965年の韓日請求権協定で解決済みという立場を堅持しており、見解の隔たりは埋まりそうにない。」(聯合ニュース) 当然です。 日韓基本条約、請求権協定締結に際して「完全かつ最終的に解決された」ことが確認されています。 両国間の合意に基づいた条約・協定を無視して、今またこれを反故にするようなことを言いだすのなら・・・