モード

左翼の親中韓勢力からは連日叩かれているオスプレイだが、性能があまりにも素晴らしいので、左翼側の批判根拠はどんどん薄くなってきている。

オスプレイの実運用では、離着陸はローターを完全に上向きにしたヘリモードで使うことは少なく、ほとんどの場合ローターの傾斜を60~75度ぐらいにしたSTOL(短距離離着陸)モードで使われるそうだ。
STOLモードである程度の距離を滑走して離着陸する方が、燃費が良く 浮気調査 福島、騒音が少なく、搭載貨物量も多く出来るので、通常運用ではほとんどSTOLモードだそうだ。
STOLモードでの運用の場合、機体サイズやエンジン出力が同程度のヘリに比べて、騒音は1/3程度らしい。
同クラスの旧式ヘリに比べて、速度で2倍、航続距離で3倍、搭載能力で4倍と言われている画期的な機体で、安全性についても、開発期間の事故は多かったが、実運用に入ってからは少ない。 つまり左翼が期待しているほど危険ではない。