リケジョ

当然のことですが共著者にも連名で名前を貸す以上は責任はあるし、
今後そういった扱いとみなされるといった名誉面での影響は避けられませんがね。

そもそも、実験系論文は発行初期は仮説論文という扱いみたいです。
そして第三者の自由意志による追実験によって確からしさが確認されていって確認されない論文が淘汰されていくというような仕組みなんだそうです。理論系論文の場合は発行時点で大部分は再現性も持っているので、それと一緒にしてはならないと思います。
Natureに掲載されてからがスタートみたいなもので、第三者の追試で半数以上は淘汰されるようだし、科学的な本筋の動きとしては当然の動きのように思えます。そういう意味では、コピペが目立ったとかいうあら探し、リケジョ(笑)などの炎上商法、更に火に油を注ぐ涙の会見とかいうところで、意味の分からないような方向に延焼して何が何だかわからない状態になっているのが現状と思われますw
ただ、こういうのはやはり実験を何度も繰り返すとかコツやレシピがあるならせめて小保方さんの協力が必要でそれをやってもダメなのかどうかの確認をしないといかんなぁとは思います。