必要などあるのでしょうか?

靖国神社を馬鹿にされる方がおり、そして、そこに祀られている彼らを、犠牲者呼ばわりする方がいる。

確かに、一方でそういう側面もあるかもしれませんが、もう一方では、純粋に、家族や国を思ってなくなられた方もいる。亡くなってまで、そう言った方々を貶める必要などあるのでしょうか?海 外の欧米人から見れば、いつまでたってもA級戦犯はA級戦犯というが、浮気調査 神戸彼らも、別に暴走した訳ではなく、最後まで戦争回避の努力をしていたのです。
しか し、当時の状況で、戦争を回避すると言うことは、日本が共産主義の脅威に晒される状況に陥ると言うこと、アメリカにしても、中国の利権が欲しいがために、 対日輸出の禁止をした。彼らにしたら戦争の切っ掛けでしかなかったのかも知れない。
今回の靖国への安倍首相の参拝がアメリカから「失望した」と言 われていますが、それはアメリカが、かつての「世界の警察」としての威信をなくしてしまったからに他ならない。アメリカ一国で、戦争をして勝てる状況では なくなったと言うことの現れです。そして、韓国という東京よりも小さい国家に対して気を遣わなければならないのは、今のアメリカの経済状況が最低・最悪に あるからです。