角質層

保湿のポイントになるのは角質層の水分量です。

保湿成分がたっぷりと使われた化粧水で角質層を十分にうるおし、補充した水分量が蒸発してしまわないように、乳液やクリームなどを使って油分でふたをするのがおすすめです。

基礎化粧品の中でも美容液といえば、値段が高く根拠もなく上質な印象があります。年齢を重ねるほどに美容液の効果に対する期待感は高くなる傾向があるものの、「贅沢品」であるとか「まだ早い」などと迷っている方は少なくないようです。
化粧水を顔に使う際に、目安として100回手で軽くパッティングするという方法があるようですが、この塗り方はやらない方がいいです。肌が弱くトラブルになりやすい方は毛細血管が刺激され困った症状「赤ら顔」のきっかけとなることもあります。

コラーゲンの薬効で、肌に瑞々しいハリが復活し、顔のシワやタルミを健全な状態に整えることが実現できるわけですし、おまけにダメージを受けて水分不足になったお肌のケアも期待できます。

ヒアルロン酸の保水する力の件においても、セラミドが角質層で効果的に皮膚を保護する防壁機能を発揮してくれれば、皮膚の保水作用が向上して、よりハリのある潤いに満ちた美肌を守ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です